GRCについて

GRCの特徴

ガラス繊維GRC(Glassfiber Reinforced Cement)とは、[耐アルカリガラス繊維強化セメント]の略称でセメントマトリックスをガラス繊維で強化した複合体のことです。

1973年に英国で開発され、日本では1975年に導入されて以降、30年にわたり環境の厳しい北海道をはじめとする北陸地方で多用されていました。 北海道などの寒冷地では、冬期の最低気温が氷点下を下回ることが度々ですが、外装材が水分を含んでいると水分が固体化した時、液体の状態よりも固体(氷)の時の方が体積が増えるので外装材の中で膨張し微細な劣化が進行していきます。

そのため寒冷地域では、吸水率の低いGRCが普及しました。

凍結融解を繰り返すことは外装材を傷め、断熱材を劣化させ、そして建物の寿命を縮めることになります。 

 

GRC特徴

GRC製造方法

■ダイレクトスプレー法

 セメント或いはセメントモルタルのスラリーをポンプで圧送し、スプレーガンで型枠面に吹き付けると同時に、対ア

 ルカリガラス繊維のロービングをカッターで所定の長さに切断しながら、噴霧状態のセメントモルタルスラリーと

 同時に、型枠面に吹付け成形します。

 

製造01

 

■プレミックス法

 セメント或いはセメントモルタルと、予め所定の長さに切断した耐アルカリガラス繊維のチョップドストランドをミキ

 サー中で混合し、型枠の中へ流し込むか、この混合物を押出しやプレスなどで成形します。

 

製造2

  

GRCの物性

項 目
気乾比重 1.8~2.2

 

 

 

 

曲げ   破壊強度MOR          (N/mm2) 20~30
  比例限界強度LOP       (N/mm2) 7~13
  弾性率Eb×105        (KN/mm2) 15~25
引張   破壊強度UTS          (N/mm2) 10~15
  比例限界強度BOP       (N/mm2) 5~7
圧縮   面外方向             (N/mm2) 50~80
  面内方向             (N/mm2) 40~70
せん断   面外せん断強度         (N/mm2) 20~30
  面内せん断強度         (N/mm2) 7~12
  層間せん断強度         (N/mm2) 2~4
  衝撃強度(シャルピー)            (Nmm/mm2) 15~25
  ポアソン比 0.3
  吸水率                             (%) 10~15
  乾燥収縮率                          (%) 0.1~0.2
  熱伝導率                       (W/m・K) 0.9~1.5
  熱膨張係数                     (X10-6/K) 7~12
  不燃性                      不燃材料(国土交通省不燃認定NM-8313)

 

 

ガラス繊維について

 GRCに含まれるガラス繊維ARG(Alkali Resistant Glass)はジルコニア(ZrO2)含有率が19%以上と高く、

 耐アルカリ性、耐酸性に優れたガラス繊維です。

 ARGファイバはバラエティに富んだ製品でGRC用やアスベスト代替用など様々な用途に使用されています。

 GRC製造時には工法や用途に応じてネット、ロービング、チョップドストランドを使い分けております。


ガラス繊維画像