事業部理念

 

 

GRC技術で住宅長寿命化を図る

   

              

              戦後の焼け跡の中から、ニッポン人はまず最初に雨風をしのぐ家を量産

              することを考えなければいけませんでした。

 

              バラックのような木造家屋を量産すると同時に、工場生産のプレハブ住宅

              を開発する。そのプロセスの中では、日本の風土に適合した「高品質」な

              外壁材料に、人々の関心が向く余裕はありませんでした。


その後、マイホームブームが訪れて、多少の品質向上はありましたが、

              人々の関心はむしろアメカンナイズされた暮らしの変化にあり、住宅その

              ものが「高品質」であるということを進化させるには至りませんでした。


昨今、時間の流れがますます速くなる中で、量産と効率を優先した住宅

              作りが必然的に主流になり、ニッポンの住宅や「ものづくり」の文化が本来

              もっていた、「精魂をこめる」という気風は忘れ去られて久しい感があります。


私たちジーシールドは、ニッポンの住宅の外壁性能というアプローチに

              おいて、一貫して独自の「高品質」を追求し続けてまいりました。

              「精魂をこめる」これが先代から受け継ぎ、育んできたわが社の精神です。


断熱性、耐火性、耐久性、デザイン性、あらゆる面において高品質を実現

              する製品、GS外断熱パネル。これこそが、さまざまな制約や法的規制を

              クリアーしながら、まさに「精魂をこめて」開発してきた製品です。

              それは従来の大量規格生産時代の他の外壁材料とは、全く比較にならない

              新時代の外壁素材です。

              

              GS外断熱パネル。この製品のなかに、私たちジーシールドの哲学が生きて

              います。近年求められるの省エネルギー性能と多様な住宅のライフスタイル

              に寄与するため、今後とも努力を続けていく所存です。

 

高下真由美