農水路更新工法

 

農水路更新工法研究会

 

    50年前後経過したコンクリート製の農業用用水路は、水流による洗掘・凍害・中性化などの
環境条件による欠損、地震や隣接する道路の振動などにより変形、変状をおこしています。

    対応年数を迎える農業用用水路に必要な更新・整備・保全を環境負荷と経済負荷の少ない工法
で構築するため、平成18年、農業用水路更新工法研究会を発足いたしました。

 

    農業用水路更新工法研究会では、農業用用水路の長寿命化に資する維持管理や、計画的かつ
機動的な更新整備を実施することにより、その有効利用を図ってまいります。

 

NSアグリート工法

 

説明図

     

     NSアグリート工法は、コンクリート製の 

    農業用水路等の構造物の断面修復材に

    要求される性能を追求し、接着耐久性、

    強度発現性に優れ、厚付け性等ポリマー

    セメント系による断面修復材と表面処理材

    及び耐久性・補強性に富んだ耐アルカリ

    ガラス繊維ネットを用いた工法です。

    既設コンクリート水路にNSアグリモルタル

    アグリコートネット、NSアグリモルタルで

    断面修復します。
オプションにより、防カビ・防藻対策も可 
能です。(KMモルタルコート)

 

 

 

■各種繊維との特性比較表

各種繊維との特性比較表

        耐アルカリガラス繊維シートの引張強度は、ピアノ線に匹敵します。
強靭なガラス繊維がモルタルにかかる引張り力を支え水路をしっかりと守ります。

 

 

■各種繊維の弾性率比αの材令による変化

各種繊維の弾性率比αの材令による変化表

                    繊維の弾性率が高いほど高い弾性率比となりひび割れ抑制効果が長期間保たれる。

     耐アルカリガラス繊維シートの表面クラック抑制に対する弾性率はビニロン繊維シートと

     比較して約2倍の強さがあり、ひび割れ抑止力において有機繊維(ポリプロピレン・ビニロン)と

     比較すると圧倒的な強さを発揮します。

 

 

■耐アルカリガラス繊維シート補強NSアグリモルタル補強特性

耐アルカリガラス繊維シート補強NSアグリモルタル補強特性表

   NSアグリモルタルを試験体寸法250×50×10mmで型枠面側から2~3mmの位置に

   耐アルカリガラス繊維シート(ARG-TD5*5)を配置した曲げ試験体を製作し、支点

   間距離200mm、積荷速度2mm/分の中央積荷方式で型枠面を下にし材令28日での曲

   げ試験をおこなった。

 

   高性能ポリマーセメントモルタルと耐アルカリガラス繊維の相乗効果で、優れ

   た接着強度、曲げ強度、耐磨耗性で長期間安定した性能を発揮します。

 

 

 

GS清流パネル工法

説明図2

 

 

    GS清流パネル工法は、GRCパネルを

    工場生産することで、耐久性・耐衝撃性

    に加え品質安定性を考慮した工法です。

    また、表面材を現場納入するので仕上げ

    後の養生期間を必要としません。
GRCには耐アルカリガラス繊維強化セメ
ントが含まれており、引張力にも強いパネ

    ルとなっております。
オプションにより、防カビ・防藻対策を施し

    たGRCパネルもご用意しております。

    (KMモルタルコート)

 

■GS清流パネル規格寸法

GS清流パネル規格寸法表

 

 

工法手順(湿式・乾式)