GSタイル下地パネル

 

GSTタイル下地パネル

                              外断熱耐火認定番号:FP120BE-9012,FP060BE-9021

 

GSTタイル下地

 

GSTタイル下地パネル特徴

 

  GSTタイル下地パネルは表面材(GRC厚11.5mm)と断熱材(カネライトフォームスーパーEⅢb)を製造時に
一体成型した外断熱用パネル(外型枠兼用)です。
パネル表面は、アリ足状凹凸模様(MCR工法)を施しており 打ち込み時に外型枠兼用として使用でき

  そのままタイル工事の下地となります。

  

  MCR工法は、公共建築協会建築工事共通仕様書(タイル工事)の標準工法に認知されている

  タイル剥離防止に極めて優れた性能を持つ工法です。

  新築・改修工事に使用でき、コンクリート打ち込み時にパネルを外型枠として使用する打込み工法
既存躯体にアンカーで取り付ける後貼り工法の2種類があります。

 

GSTパネル規格寸法

 

  GSTタイル下地パネルの規格は下表寸法になります。

  他の厚みについては打合せのうえご対応させていただいております。

総厚

GRC厚

(mm)

カネライトフォーム厚

(mm)

パネル寸法

(mm)

パネル重量

(kg)

41.5 11.5 30 900×1800
900×2400
900×2700
900×3000

900(巾)×1800(長さ)

約37kg

51.5

11.5 40

61.5

11.5 50

81.5

11.5 70
111.5 11.5 100

                                                 ㎡当たり約23kg

 

GSTパネル一般物性

 

項 目

パネル厚

(41mm)

パネル厚

(61mm)

試験方法

曲げ破壊強度

(N/mm2)

1.03 0.74 JIS A 1408

曲げ比例限界強度

(N/mm2)

0.54 0.42 JIS A 1408

曲げ弾性率

(N/mm2)

214 91 JIS A 1408

面材とフォームの接着力

(N/mm2)

0.27 JIS A 1612

 

GSTタイル下地パネル端部・コーナー

 

GSTパネル端部コーナー

GSTパネル目地

 

GSTパネル目地